(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-9070715661183866", enable_page_level_ads: true }); Nobufumi Ohara / Web

LOVE

LOVE
2018 [ Nobufumi Ohara / Web ]で制作

Translate

2022年1月27日木曜日

ミニSDカードを使うmp3プレーヤー付き携帯ラジオで、ミニSDカードにmp3形式の音源を入れる方法がわかった

 


昨年2021 1月に購入した中華な携帯ラジオ。
短波放送受信、MP3プレーヤー付き。
XHDATA D-328。









携帯ラジオでジミヘンブートレグが聞けてうれしい

mp3 付き携帯ラジオ XHDATA D-328








去年短波放送が聴けるラジオがほしいな、とアマゾンで物色して購入したのが XHDATA というメーカーのD-328 というもの。

1000数百円だった気がする。

同じくらいのサイズで、他にも短波ラジオがあって、どれにしようか迷ったのだが、mp3プレーヤー付きということと、電源がカードタープの充電式電池というのが新しく感じて購入を決めた。

こういう物は日本のメーカーから出てないなあ、新しいじゃないか、とか思ったのだが、届いてみると、なかなか作りはテキトーなところがあって、イヤホンを指して、うまくステレオで聴けなかったり、充電時に付くはずの赤いランプは最初の充電のときに点いて、その後、一度点いたっきりで、充電状態がよくわからないことになったまま使い続けている。





その新しく感じたカードタイプの充電池なのだが、たしかにこれは、フツーの乾電池と比べると重さが軽くて、ラジオの持ち運びがしやすくてよかった。

乾電池ならすぐ手に入るし、安いのだが、このラジオを買ってしまったので、そのカードタイプの充電池は、アマゾンでまた2枚購入したくらいだった。




そして、mp3プレーヤーである。



ミニSDカードを差し込んでダイヤルをせっとしたりすると、あら不思議、携帯ラジオからミニSDカードの音源が聞けちゃうのである。


ソニーのウォークマンもびっくりである。


ということを、自分のICレコーダーで使っているミニSDカードを指して確かめたのだが、自分が喋っている音源を聞いてもどうよ?


ここはやはり音楽だろう。


と思っていたのだが、ミニSDカードに音源を入れるやり方がわからない。


で、まず、パソコン Mac のミュージックというのに CD音源を入れて、そこから、パソコンとつないだカードリーダーにミニSDカードを指して、パソコンのミュージックに取り込んだCD音源をミニSDカードに移すということをやってみた。


これでいいんだろうか?


で、そのミニSDカードをmp3プレーヤーに指したが、音は聞けなかった。



ん?



音源の形式が、ミュージックからそのままだと [Apple MPEG-4 オーディオ] ということになっていることがわかった。


これを mp3 に変換してあげないと使えない。


で、Apple ストアで見つけたのは、[動画変換 Total Video Converter Lite ] というアプリ。






 Total Video converter Lite
のアイコン。






ほかにひとつパソコンに入れてみたが、有料だったので却下。


これは無料で使える。


動画の変換もできたり、いろいろな変換ができるみたいなのだが、使いたいのは、mp3変換のみ。






で、ということで、中華な携帯ラジオの MP3 プレーヤーでジミ・ヘンドリクスのブートレグを聞くことにした。


これはうれしい。


短波放送というラジオコンテンツの幅を広げる装置付きなのだが、北京放送やらにしてもそうしょっちゅう放送していないし、ラジオはそんなに聞かないなあ、という気持ちになりがちになっていたところで、おお、このラジオからジミヘン聴けるやないかい、ということになってうれしいのである。


ミニSDカードに音源を取り込む手間がかかるが、なんだか得した気分でもある。


だったら mp3プレーヤー単体を買えばいいのかもしれないが、安く買った携帯ラジオでmp3プレーヤーが付いているのがいいのである。


よかったよかった。






ジミヘンのブートレグCDは何枚か持っている。
このところ、パソコンで自由に色々な音楽を聴いていたのだが、
CDから聴いてる感を持って、そのCDのことを強く意識して
聞くのがまた、自分としてはいいのである。
近頃自由過ぎだった、とか思う。














2022年1月8日土曜日

今年も三島の『春の七草』で七草粥

 











毎年恒例になった七草粥

静岡県三島市産『七草がゆセット』








数年前、JRの青春18きっぷで熱海やら神奈川県の真鶴やらに行った。

別の年にも静岡県内のJR線で使える休日乗り放題きっぷを使って、静岡県東部に行くことがあって、富士山やら見て、西部地方と土地のあり方からしてずいぶん違うところだよなあ、とか思うことが多々あって、それで、正月すぎにスーパーに行くと、この七草がゆセットが売られているのを見て、三島かあ、あっちに行ったよなあ、などと知った土地の産物だみたいに思って、買って食べるようになっていたのである。



確かに、正月すぎにお粥はいい。




七草がゆも恵方巻みたいに売れればいいんじゃないか? と思うものの、恵方巻きのように工夫次第で豪華にもできるものと違って、七草を入れるだけだし、お粥なので、そんなに豪華方面に伸びるものでもない気がする。



また、自分が七草粥を正月すぎに食べるようになったのはここ数年のことで、子供のときに、正月すぎに七草粥を食べないと、なんて思ったことは一度もなかったのである。



正月すぎに、スーパーに行くと、この三島の『七草がゆセット』が結構なスペースを取って販売されているのを目にする。



だから、七草粥も恵方巻きとかバレンタインデーのチョコレート並みにその時のものとして定着しているんだと思う。



かなあ?




七草がゆが今年もスーパーに大量に並び、その食品ロスがどうのこうのとニュースになったりはしてないので、恵方巻やバレンタインデーのチョコレート規模まで行ってはないのかもしれない。





私としては、とにかく、今年もおいしく七草がゆをいただきました。








『七草がゆセット』にはしおりというか商品説明と言うかがはいっています。













七草を、どれがなんだかわからなく
なってますが、切り刻んだところ。











お粥に七草を入れて煮込んでいるところ。








できあがり。
おいしそうでしょ。
今年もおいしくいただきました。













2022年1月6日木曜日

ユーチューブチャンネル登録者数1000人達成

 



ユーチューブのおめでとうメール。








ここまできたぞ

2021 12/31 1000人達成








ユーチューブチャンネル登録者数1000人達成することができました。

2021年12月第3週に入ってから、後3人とか言う感じになって、年内に達成できるだろう、と思ったのですが、そこからが長かった。

1000人行ったら、記念の動画を作らないとなあ、とか頭にあって、しかしなかなか行かないので、動画制作もうまく手につかないまま日にちはすぎて大晦日。

1000人になったのは大晦日の夜でした。







やったぞ、な1000人達成表示。








やったあ ! 


と喜んだものの、数字はまた下って、2022年元旦にまた1000人になって、それから999,998、と後戻りして、999に戻ったままになった。

それでもユーチューブからは『おめでとう』メール。


やったあ !  のときに押しておいた収益化の審査が通ったメールも999人のままでも届いて、これでいいんだろうか? と思うもののやった感に包まれたお正月、新年を迎えることができました。



ユーチューブヘルプを見てみると、数字は下がっても、収益化の条件は維持できるようで、そうなのか、と納得しました。







ユーチューブヘルプページからの引用スクショです。







そして、1/3 にまた1000人になって、また999人になって、これを書いている1/6 は1001人になっています(チャンネルページとユーチューブスタジオでの表記人数が違ってるんだけど)。



収益化申請通過後に、すべてのコンテンツに広告をつけることにして、ボタンを押して、丸2日経っているのに、チャンネルのコンテンツのページでは、まだくるくると『動画を更新しています』表示のもと、回ってて落ち着かないことになっています。

これはいつ終わるんだろう?




ユーチューブから届いたおめでとうメール。
1000人ってバナナってことみたいです。







とにかく1000人達成することができました。

チャンネル登録してくれた皆様、ご視聴いただいている皆様に感謝です。



収益化のもう一つの条件年間4000時間の視聴時間というのは、チャンネル登録者数600人のときにクリアできました。

そこから長いなあという感じでした。




2022年も、これからもユーチューブチャンネル『浜名湖おはら』をよろしくお願いいたします。



チャンネル登録できる浜名湖おはらのユーチューブチャンネルページはこちらでございます : YouTube 浜名湖おはら














2022年1月5日水曜日

冷蔵庫内の電球交換

 



冷蔵庫の電球が切れた。
もちろん突然のことだった。
冷蔵庫の使い方が悪かったのかとかこんな時考えてしまう。










はじめての冷蔵庫内電球切れ

電器店に切れた電球を持っていって解決








2021年12月中旬のことだった。

冷蔵庫を開くと、なんかいつもと感じが違う。

それが夜だったら、すぐに気づいたんだろうけれど、昼間だったから、何がどうなったのか気づくのに時間がかかった。




暗いのである。



電球が切れていた。




その冷蔵庫だが、結構な年数使っている。

10年くらい使ってるんじゃないだろうか?




こういうこともあるだろうなあ、という感想だったが、電球はそんなに高いものじゃないだろうし、早く新しいものをつけたほうがいい。


で、アマゾンで調べればすぐにどれを買えばいいかわかるだろう、と思い立ってそうしたが、切れた電球内部の形はフツーの電球とちょっと違うみたいだし、口金のサイズがわからなかったので(切れた電球にその表示がなかった)、うーん、と考えて、K'sデンキに切れた電球を持っていって、買ってくることにした。








これが切れた電球。
青いのである。
青くなくてもいいだろうし、フツーの電球でもこのサイズのものでW数があえば、
つけていいんじゃないだろうか? という気がしたが、
口金のサイズがわからなかった。







K'sデンキに行って、電球のコーナーで、同じような物を探したが、見当たらなかったので、店員さんに持っていった電球を渡して探してもらうと、電球売り場でなく、冷蔵庫売り場にこの電球を売っていた、ということで持ってきてもらえた。

青い色のものはなかったらしくて、透明な電球だった。




15W。


口金サイズはE-12だった。










これである。
リアル店舗はこんなときに便利。










中は複雑構造。








240円くらいだったと思う。


これで解決である。


よかったよかった。







これが電球が切れて暗い状態。








カバーを外すとソケットがあります。









つけるとピカーッ。
やったね !








カバーを付けるとこんな光の感じ。
青い電球のときより明るい感じ。
これでいいのだが、青いほうが雰囲気があったかなあ、
という感想。














2022年1月2日日曜日

ユニクロのエコフレンドリーバッグを買う

 










結構ユニクロファン

ユニクロ エコフレンドリーバッグ L







新年2日は、志都呂イオンにあるユニクロにセール品を買いに行った。

お正月なのにと言うか、お正月だからこそのほうだと思うが、イオンはかなりの賑わいである。

盆と正月、そしてゴールデンウイーク、その他連休、日曜日、人が溜まっているのはイオンである。

そんなときにセールをやってる店があるから行くということもあるかもしれない。





昨年末にユニクロのリュック33Lを買った。

このバッグを1200円程度で販売(セール)しているのに驚いたし、欲しくなる物を提供してるなあ感を感じて、このユニクロいいなあ、という思いは年を越しても続いていて、そうだ、パンツもほしい、買わねばなるまい、ということで新年2日に志都呂イオンに走った、ということだった。








こんなふうに丸めて売られていた。
セール品のワゴンにあったと思う。
他、サングラスのセール品も気にかかった。










サイズは W59cm X H42cm。
Lサイズの大きい方を買った。
いくつもえこばっクを持っていて、また増えたことになる。
こうやって物は増えていくのだが、お正月ユニクロに来た記念グッズ感覚である。
お正月に観光地に出かけなかったのでいいかなあ、みたいな気持ちさえある。








そして購入したのは、スエットジョガーパンツって物で、冬のパンツがほしいじゃないか、ということで決めた。

1990円だった。

これも、その時によって値段が変わるのかもしれないが、安いんじゃないか、と思った。

その時によって値段が変わる、というのがユニクロなのだが、そのやりかたがうまいなあ、と言う印象なのだ。






この日、ユニクロに行く前に、ユーチューブで、『物が増える理由』という動画を見ていた。




物が増えるのは、計画性の足りなさや、それと関係して、一つものを買うと、それに合わせるように他の物にまで手が伸びるからだ、などということがその動画内で語られていた。




まさにそれなのだが、ユニクロに行って、せっかく正月にユニクロに来たし、とお土産感覚で、パンツ以外にもエコフレンドリーバッグというものを買って帰ることにした。



こういうものが一つあってもいいだろう、ユニクロだし、せっかく来たし、などと言う感じで買ったのだった。



SALE 390円。



ユニクロに来ると、目的の物以外まで買っちゃったりするということがある。



気をつけないといけないなあ、と思うが、そういうショップだし、衣類で、リサイクル店以外で買う店で浮かぶユニクロだし、利用してるよなあ、という思いと、やっぱいいなあ、という思いもあって、オレって結構ユニクロファンだな、なんて正月から思うのだった。














2022年1月1日土曜日

近所の神社に初詣と年越しそば

 


近所の神社にお参りしてきた。
例年のことなので、かかせない。









地味ながら恒例の年越し

2021年年越し








以前はライブハウスの年越しイベントに出かけていたのだが、一昨年からは家で地味に年を越している。

ライブハウスに行かなくなったのは、コロナ禍の影響というよりも、とにかくライブハウスに行かなくなったことが理由として大きい。

それよりも Youtube の編集しなくちゃ、ということももちろんあるのだが。





今年2021年は、もう少し暖かければ大晦日の午後釣りに行きたかったのだが、あまりの寒さと強風でそれは断念して、夜は早い時間から寝ていた。




22時過ぎくらいに起きて、ブログを書いたりして、年が明けると、これはもう何年も前からそうなのだが、家の近くの神社に初詣に行って、年越しそばを食べた。


年を越す前辺りで、そばを食べて、その後お参りに、というのが順序だろうと思うが、この順序も毎年のことである。







自分で作って食べたのそば。
かまぼこがアクセント。








2022年もいい年になりますように。

このブログを読んでいただいた方も、いい年をお迎えくださいませ。













ユニクロのライトウエイトバックパック33L 購入

 


これがそれだよ。







気分があがるリュックだ、と納得して買っちゃったのである

ユニクロ : ライトウエイト バックパック33 L







2021年年末は、リュック、ザックと言っていいようなものをいくつか買った。

このユニクロので、3つ目で、他に、年末前にも雑誌付録の物を買っていて、この12月に確か4つ買ったことになる。

ミニマリスト流行りだし、私だって、そんなにザックはいらない。

好きだなあ、ということはあるが、こんなにいらないだろうと思う。




それでも買ってしまうのは、クルマを持っていないので、荷物を持つのに、機能的だとか、好きな、お気に入りのもので行きたいということがまずある。

そして、中古ザックばかりなのだが、アウトドアブランドやスポーツブランドの物が多いので、やすやすと壊れない、ほつれを縫ってでも使おうともしているので、いつまでもあるのだった。

たまったなあ。





そして、このユニクロのだが、12月30日に志都呂イオンの100円ショップに行くことがあって、そのついでにユニクロに寄ったら、このリュックを売っていて、いいなあ、でも買ったばかりだしなあ、ということで見送ったのだが、気にかかって、家でパソコンでこのバックを検索したら、どこのユニクロにでもおいてあるものではないらしいことと、値段は1290円じゃなくて2900円ほどするらしいものということで、それなら買っておくか、と31日大晦日にでかけたのだった。





30日に目にしたのは色が黒だったのだが、31日はブルーばかりだった。

ブルーでいいやと購入。




33Lだが、上ブタ調整で、若干容量に変化をつけられる。


ボデイ横にもチャックがあって、サイド開きができる。


こういうのいいなあ、と購入意欲をそそられるバックで、セール価格なのも良かった。


その2900円とかだったら見送っていたと思う。


軽い。


その分強度が弱いのかと思ったが、強いとも検索で出てきたことも、そりゃあ買わなくちゃ、と思った要因の一つになった。







多分、釣りにこのザックを持っていくことはなくて、できたら街中などで使いたい、ということがあるが、このザックを持つことで、お出かけ気分は上がるだろう、ということになって、2022年からわくわくのバックになった。













2021年12月3日金曜日

まんぞくまんぞく、297円のかきフライ弁当 !

 


カキフライは身近なおかずなのだ

The BIG『まんぞく! かきフライ弁当』





The BIG の『まんぞく! かきフライ弁当』を買ってきた。

値段を見て驚いた。

297円である。

The BIG ならではの価格なのだが、これまでは、かきフライとなると、料亭とか、高そうな定食とかのイメージを持っていたのだが、お惣菜でも、コロッケといい勝負なお値段なのである。

また、鍋に入れるパックされた牡蠣もそんなに高くは見えない。

それは、買いに行っているところが激安スーパーだからということと、牡蠣にもグレードがあるからかもしれないが。

なので、ありうる値段なのだが、この値段のかきフライ弁当は初めてである。






若干この牡蠣大丈夫なんだろうか? ということを頭に抱えつつも、大丈夫大丈夫と頭の中の食材大丈夫側にメーターは振り切られた。

となると、この弁当の名前通り『まんぞく !』ということになるじゃないか。







この調子で、これまで高級とされていた食材の激安弁当をつくってくれないものかなあ? とも期待が生まれる。

まんきつ ! キャビア弁当、

数の子どっさり弁当、

かにかに弁当、

とか。







297円でコンパクトにまとめ上げられたカキフライ弁当である。
タルタルソースのパック付きがいいね。







見よ !  このカキフライの主張。