(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-9070715661183866", enable_page_level_ads: true }); Nobufumi Ohara / Web

LOVE

LOVE
2018 [ Nobufumi Ohara / Web ]で制作

Translate

2021年6月12日土曜日

The BIG のパックに入った『白身フライ海苔弁』は求めたくなる見栄えのイラスト付きだった

 



イラストが付いてると中身を余計に期待してしまう

激安スーパー The BIG 『白身フライ海苔弁』










間が空き気味で、弁当もこのところ書いていなかったのだが、 The BIG 『白身フライ海苔弁』です。

これと同じパックに入った『曜日市限定のっけ盛り明太海苔弁当』というものを、もちろん同じく The BIG で買ってきて2020 12/12 公開のこのブログで紹介していたのだが、今回のは、同じパックなのだが、目にとまるところに弁当中身のイラストが付いていた。

パックのここのところが寂しいとか、このスペースの有効活用はできないものか? とかあって検討されたに違いないと思われる。

なかなか味があるイラストが貼り付いていた。







こんなイラストがあると、中身に対する想像で、中身に対する期待が高まる。

グッドアイディア。







で、どんな弁当だったか、と言うと写真を見ていただいた通りのもので、値段なりのものだと言うしかないのだが、今回は、買いに行ったのが夕方で、つくってから時間が経っていたせいか、ご飯や具材が若干固くなっていたのが残念で、気にかかるところだった。

それでもおいしくいただけたのは、やはりこのパックに新しさを感じていたからだろうか?

なんかニュースタイルなのである。

このところコロナ禍の影響があって、飲食店でのお持ち帰り商品が充実していて、売れているらしい。

で、お店ごとにと言うか、チェーン店なんかはお持ち帰り容器にこだわったり、お持ち帰りがおしゃれなことでもあるかのようなパッケージにしたりで、魅力をアピールしている。

この弁当も、パッケージを変えただけで、なんかおしゃれというか、新しさが297円の海苔弁当に吹き込まれているのだった。







ということで、また買いたいなあと思うパッケージの海苔弁でした。









見よ ! このイラスト。
手描きで、弁当を徹底解説しているのだった。
このスペースはなんとかしないといけないという思いで
ここにいイラストが登場したに違いない。









おかず盛りだくさん。
本体価格297円で税込み320.76円、と小数点以下まで明記されていた。














2021年6月7日月曜日

リーズナブルでニュースタイルな『カップ鰻めし』

 


これが『カップ鰻めし』。
¥1200。
YouTube 動画のサムネに使った写真である。











お持ち帰りの鰻弁当なんか紹介していこう 

『浜名湖気になる飲食店』新浜鰻カップ鰻めし











YouTube チャンネル『浜名湖おはら』の『浜名湖気になる飲食店』というシリーズをやっている。

そこでときどき鰻弁当を紹介していこうと思い立って、6月某日、浜名湖サービスエリア、EXPASA 浜名湖の鰻弁当お持ち帰りの看板が目についていた店に行ってみることにした。









モンベルのフロントバッグをつけて、ツーリング気分を高めて行った。








浜名湖自転車周遊道。
この日は、サイクリングをしている人たちがいつもより多く感じた。
それもコロナ禍と関係しているかも知れない。









浜名湖東側から走って行って、浜名湖サービスエリア前の景色をパシャリ。
このあたりはリゾート感がある。












例によって、ブリヂストンクエロで EXPASA 浜名湖まで。

EXPASA 浜名湖まで行くとなると、浜名湖一周することになることもあるし、浜名湖一周と同じくらいの距離を走ることになる。

この日は、行った道を引き返して帰ったのだが、自転車整備バッチリなので、よく走るなあ、という感じで距離を終えたのだが。








で、EXPASA浜名湖の鰻店に。







この看板で見ると、店の名前は『浜鰻』だろう。









お持ち帰り専門店だと思う。

席とか見当たらないのだ。

その分安いのかもしれない。





購入後レシートで確認すると店の名前なんだろうか? 『新浜鰻』とあった。


写真の看板で見ると『浜鰻』なんだけど。





何度かここ EXPASA浜名湖 に来ていて、以前からここにお持ち帰りの鰻店があることに気づいていて、行ってみよう、ということになったのだ。




安い鰻弁当にしようと思ったのだが、値段的にさらに下の『カップ鰻めし』というのがあるので、それを食べてみることにした。




カップ鰻めし ¥1200







1200円なのだから、値段を思っていただいた。
安くてもと言うか、高いので、
鰻を食べるのはイベントになるなあ、という感じになる。











鰻が小さいので、そのせいでこう感じることがあるかも知れないのだが、量的に、大人の男が食事としてとるには、若干少ない量に感じた。

それでも、女性だったら、これで充分な量かもしれない。

鰻は、ふっくらとして、ということはなくて、硬い感じで、それが全体的な印象ともつながるが、お値段なりの鰻めしと言っていいと思う。

しかし、1200円で浜名湖産の鰻が食べれるのはいいと思う。

浜名湖と言えば鰻ということがあるだろう。

場所も浜名湖サービスエリアで、鰻かなあ、ここに来たならという感じで食べてみるのはいいんじゃないだろうか。







YouTube 動画をつくりました。

動画で『カップ鰻めし』を御覧くださいませ。




















2021年6月5日土曜日

チャンネル『自転車おはら』つくりました

 



懐かしい。
camera ohara からの再アップ動画の一場面。
我ながら、悪くない動画が以前のに多いと思う。










『自転車乗るお』や浜名湖サイクリング情報などまとめるチャンネルとして新設

新チャンネル『自転車おはら』









YouTube 新チャンネル『自転車おはら』をつくりました。

またこのことはブログに書こうと思っていますが、最近 YouTube の再生リストが間違って YouTube に削除されることがありました。

間違いでよかったのですが、どうしてかなあ? と考えると、浜名湖おはらに自転車のるお、と名前が幾つも重なってしまっているので、機械 AI も間違えるかなあ、ということがありもして、また、以前から、自転車は自転車でまとめたほうがいいだろう、という思いもあっての決定でした。







浜名湖西岸、浜名湖沿いのローカルなコースでの一場面。








これまで camera ohara ~ ロックおはら、Nobufumi Ohara ~ 浜名湖おはら、に投稿した自転車動画の再アップと続いていく新しい自転車動画をこのチャンネルに投稿していくことにします。


自転車カスタムやら浜名湖辺りの自転車道、コースなどに興味がある方に見ていただけたらなあ、と願います。


チャンネル登録よろしくお願いいたします。







自転車おはらチャンネルページ : 自転車おはら






YouTube最初の投稿です。

ご覧くださいませ。


















浜名湖新居弁天に通年利用できるキャンプ場ができるって楽しみ

 


静岡県湖西市新居弁天『わんぱくランド』。
夏に家族でプールってところだった。











キャンプ場新設っていいよね

わんぱくランドは解体










中日新聞の記事で知ったのだが、浜名湖新居弁天のわんぱくランドが解体され、そのあたりに温泉施設、キャンプ場などできるみたいである。

わんぱくランドは、遊具の老朽化があったりするみたいだし、夏しか使われないところなこともある。

浜名湖を超えて、すぐ西に、弁天島に行くと、にぎやかな観光地という感じで人の姿が海浜公園にあるのだが、湖西市側はどうもさみしい。

海釣り公園の釣り人、新居海水浴場に釣り人、そこになんかいる人、という感じの限定的なにぎわいはあるのだが、そのあたりにもっと人の賑わいがあってもいいよねえ、と感じる人も多いのではなかろうか?

弁天島海浜公園は、なんと言ってもJR弁天島駅から近い、東西を結ぶ国道からすぐ、釣りポイントが広がる、舞阪漁港にも行ける、観光地としての歴史、ゆるキャン聖地、などの要因で、特にこのところ華やかささえ感じる。

に対して、西側はどうかと言うと、湖西市で、浜松市と違うんだから、という見方もできるのだが、関所がある通りにお金をかけて、それだけの効果があったんだろうか? と個人的に思ったりすることがあった。

この、キャンプ場新設みたいなことも、関所の通りを、江戸時代風にということにしたのと同じように、ほかがそうだから、みたいな後々の決定みたいな感じがあるが、キャンプ場があるといいなあ、とは個人的には思っていた。








入場料500円だったのか、line やってたのか、
とかこの前に立って、初めて知ることばかり。
利用したことはなかった。









その中日新聞の記事で知ったのだが、わんぱくランドは50年も前からあったものらしい。

利用したことはなかったが、そこにあることは、そう言えば前から知ってたなあ、と思い直した。

この辺りの景観が変わることになんだか寂しさを覚えもするが、いいんじゃないだろうか、新しい施設ができるというのは。









解体されるのかあ、と思うとやはりちょっとさみしい。










わんぱくランド解体のニュースを知って、海釣り公園に行く途中、写真を撮るために施設前に行ってみた。







YouTube 動画も作りました。

ご覧くださいませ。



































2021年6月4日金曜日

アマゾンファイヤTVスティック購入で家族とのコミュニケーション機会が増えた

 


fire TV stick のパッケージ。










リーズナブルで、見きれないほどのコンテンツ

amazon fire TV stick 購入









ゴールデンウイーク前に amazon fire TV stick を購入して、届いた。

母が、NHKの映りが悪いことを長いこと言っていて、それなら NHK を見るのはやめたらいい、パソコンとか買えば、ということを私としては言っていたのだが、どうも NHK が見られなくなるのは困るらしくて、そう言えば amazon fire TV stick という YouTube やら何やらが見られる機器があったなあ、と思いあたって、購入してみることにした。

うーん、長いこと我が家のNHKの映りは悪かったのである。

総合チャンネルがよく映るように屋根についているアンテナを合わせると、教育チャンネルが映らなくなるし、という具合だったのだ。

父がなくなったあとすぐに、BS契約を解除した。

地上波の情報が母にしたら、大切なものだったのだが、私としては、もう長いことTVを見ることはやめてしまっていたし、できれば母も、タブレットとかパソコンで YouTube なんか見ちゃえばそれでいいのではないか? と思っていた。

自分としては、amazon のそんな機器よりもパソコン、タブレットじゃないんだろうか?

と考えていたのだが、fire TV stick というものは、今のTV装置よりもコンテンツが増えることは確実で、ましなんだろうなあ、というくらいの認識しかなかったのだが、そんなに高いものじゃないだろうから、とそれでもセールの時を待って購入したのである。





本体価格 ¥3980

3年間保証¥1140




とこんな値段でそんなにたくさんのコンテンツを見られるのだろうか? という疑問さえ持たざるを得ない額で購入した。




届いた。




届いて、おー、マジか、という感想だった。




自分はパソコンで YouTube とGYAO ! くらいしか動画サービスを利用していない。

Fire TV stick で見ると、たくさんの動画サービスなどがあって、入れたければそのアプリをじゃんじゃん足していけるみたいだった。

それに追いつくのが大変だろうし、課金しないといけないサービスもあるだろうから、母には、YouTube とネットから NHK+を見ればいいということを勧めた。








勧めて、使い方を何度も教えたのだが、使い方の理解はどうも母は進まなくて、ほぼ毎日、1時間ほどfire TV stick 鑑賞のサポートをすることになってしまった。








自分としては、その時間のことがあるものの、fire TV stick で TV 画面で見る YouTube の見え方は新鮮だし、このデバイスは便利で面白い、と感じることなどあって、しゃーないなあ、ということになってしまった。






TV というのは、地上波にしておくと数チャンネルしか映らないのだが、Fire TV stick を挿せば、見きれないコンテンツを映し出す装置になるということで、そりゃあまあ、パソコンをTVでつないでもそうなんだろうけれど、TV的なコンテンツということで、すごいものに変えてくれるなあ、とビックリなのだった。

パソコン作業をセずに、動画サービスなどのコンテンツを楽しみたい、という人にはもってこいのデバイスじゃないかと思う。

また、TVがこれまでとガラリと変わったことで、自分もこの装置に対する興味が湧いたし、母に使い方を教えたり、YouTube について説明したり、チャンネルを勧めたり、ということになっている。










コンテンツの数は限りないほどなのだけれど、画面が大きい TV の前で、家族とのコミュニケーションを取る機会が多くなる装置だとも思えた。

今っぽいのかもしれないし、fire TV stick のことを知れてよかったし、どういう物かわかってよかったとも、買って思っている。













購入後の使用感など話す Youtube 動画も作りました。

ご覧くださいませ。




















2021年5月23日日曜日

大徳寺さいき家『さば寿司だし巻き弁当』の和な味にほっとした

 


さば寿司とだし巻き卵にこころなごんでほっとした

大徳寺さいき家『さば寿司だし巻き弁当』








5/5 こどもの日に兄が買ってきてくれたのが大徳寺さいき家の『さば寿司だし巻き弁当』だった。

聞いてはないが、多分、浜松遠鉄百貨店で京都関連の売り場などがあって、そこで買ってきたのではないかと思う。

おいしかった。

だし巻き卵、さば寿司、クオリティは高いんじゃないかと思う。

食べていて、和な感じといいと思うが、くにゅっとした感じとでも言おうか、日本食の柔らかさが食べ物に占める割合が絶妙というパーセンテージで感じられて、日本食だけにほっとする印象だった。



ネットで見ると、この弁当は1296円する。



それはそうだろう、とその値段にも納得がいった。

この柔らかい味は京都的と言ってもいいだろう。

また食べたい弁当として頭に入れておくことにした。








大徳寺というのは京都にある有名なお寺。
その近くにこのお店があるらしい。












日本的、ホッとするほど和な味だった。










大徳寺さいき家 HP : 大徳寺さいき家












2021年5月21日金曜日

ヤマザキ春のパンまつり、はじめて自分でためて貰いに行った

 

白いスマイルディッシュを持ってスマホ自撮り。










ペタペタと割引パンなど食べた点数を貯めて貼ってもらえた達成感

2021ヤマザキ春のパンまつり『白いスマイルディッシュ』











2021年、今年はヤマザキ春のパンまつりで白いお皿をもらうことにしたのだった。

こんなことを思い立つことは例年ないのだが、どういうわけだか今年は違った。

たまたまこのキャンペーン告知が始まった頃にドラッグストアでパンを買い、買った物をザックに詰め込んでいるときに、点数を貼るハガキサイズのペラペラの台紙が目に止まって、持ってきて、今年はやってみようかな、という気になったのである。

他の年だと、ああ、もう遅いからたまらないよな、とかそんなにパンって買う? とか思ってやる前からあきらめてしまうのだが、今年は、やれそうな予感がしたのだった。





やろうと思ったそのタイミングがよかった




先は長いので、遅い時間にドラッグストアで割引シールが貼られたパンをちょこちょこと買いに来て、それで点数はたまるだろう、と思えた。





点数は28点必要だったのだが、ぼちぼちとというペースでたまっていった。




それでも28点達成したのは、キャンペーン前日で、ああ、買いに行かないと終わっちゃうぞ、と思って買いに行って、やっとたまったのだった。





なかなかの達成感を感じることができた。




たまると達成感が味わえるのである。




この感じを味わえることが、長くこのキャンペーンが続いていることと結びついているんだと思う。







そして、お皿である。





どこでもらおうか? とちょっと迷ったのだが、その、よくパンを買いに行くドラッグストアにもらいにいいくことにした。

貼った点数用紙を店に出して、後日受け取りに行くのかなあ? とここのところが疑問だったのだが、レジで提出して、点数確認してもらい、もらってくることができた。

ふーん。

こういうシステムになっていたのか、という感じである。









日本語のシールが貼ってあるが、フランス製である。













お皿裏面。
made in France の文字が刻印されている。


















そこのところを拡大するとこんな感じ。












お皿は、自分としては薄っぺらでいかにも安物という感じの物でもよかったのだが、フランス製だった。

アルク・フランス社製となっていた。







楽しいイベント参加だった、という気分。

自分で時間をかけて獲得した皿なので、愛着も湧く。

よかったよかった、である。








YouTube 動画のネタにもしたのでご覧くださいませ。





















2021年5月20日木曜日

母の日は遠鉄ストアの小ぶりな寿司パックで

 


遠鉄ストア母の日用の小ぶりな寿司パック

2021年母の日5月9日










このブログに書いている例によって兄が買ってきた遠鉄ストアの食品だが、この日は『母の日』。


2021年5月9日。


母と私に買ってきてくれたのである。


気を使ったのだろう、値札シールは剥がしてあって、値段はわからない。


こぶりな寿司パックは、久々の寿司だったこともあって、パクパクと胃の中に落ちていった。


値札シールや、この寿司の名前などわかるものがあれば、そこのところを詳しく考えて書くのだが、それができないので、今回簡単な記事にしておこう。


おいしかった !


母ではないし、母になりようがないが、いい母の日になった。











mother's day のシールが貼ってある。
『今日はこれ ! 』というシールが更に貼ってある。
これはもう、この寿司パックを買うしかないだろう、ということになる。
『本まぐろ』のシールも貼ってある。
特に『本まぐろ』でなくてもよくて、
タコやイカの寿司でもよかったのだが、母の日だし、
これを買って、母親に渡すときに、
「やっぱり本まぐろだから」とか言いたい人は買うだろうなあ。




















寿司は、そそるなあ。
この写真を見たらまた食べたくなった。