(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-9070715661183866", enable_page_level_ads: true }); Nobufumi Ohara / Web : 6月 2024

LOVE

LOVE
2018 [ Nobufumi Ohara / Web ]で制作

Translate

2024年6月10日月曜日

テレビ東京『何を隠そう・・・ソレが ! 』でこんな感じで動画が使われたのだった

 







テレビ東京『何を隠そう・・・ソレが ! 』で
私の動画が使われたワンシーンのスクリーンショット。
















記念に載せておきます

テレビ東京の番組で使われた『アイスおはら』動画の一シーン
















せっかくなので、テレビ東京『何を隠そう・・・ ソレが ! 』で使われた私の動画、アイスおはら』の動画の一シーンのスクリーンショットを載せておきます。



記念になるかなあ。



ほんの数秒でした。



ユーチューブチャンネル『アイスおはら』をよろしくお願いします。






YouTube channel 『アイスおはら』のチャンネルページはこちら : アイスおはら





















2024年6月8日土曜日

バイチャリ浜松店行ってみた

 






スポーツバイクが沢山って感じの品揃え。
パーツも売ってた。















JR浜松駅から歩いて行った

バイチャリ浜松店















浜松まつりの最中、2024年5月4日にバイチャリ浜松店に行ってみた。


JR浜松駅から歩いていったのだった。


バイチャリは、数年前、自転車動画をよく見ていた頃に、こういう店もあるのかあ、とユーチューブ動画で知った店で、その頃はまだ、浜松になかったんじゃないかと思う。


いつの間にか、浜松店ができていたみたいである。














ネットで売られている自転車を知ることもできる。



















で、どうしてバイチャリ浜松店のことを知ったのか? と言うと、この間ルノーライト8を買ったのだが、小径車で、ブリヂストン・クエロ20インチってもう売ってないんだろうか? とネットで探していて、ここに中古のそれがあって、買おうかなあ? どうしよう? などと迷っていた間に売れてしまったのだが、あって、何度もバイチャリのネットに出ている情報に目を通していて、浜松店にあるなあ、と知ったのだった。


その中古のクエロは安かった。


パーツが替えてあったりしたことと、やはり安い分ボロかったので、迷っていたのである。


色も、これはいらないなあ、みたいな色だったこともあった。


うーん。


結局車体がアルミのものを購入したのだが、重くても、クロモリは良かったなあ、ということがある。














しつこいくらいに写真を撮ったのである。















その日店に行ったら、店員さんがひとりで、接客に忙しそうだったので、サラリと店内を見渡して、帰ってきた。



そんなに自転車を買うことはないので、次に欲しくなるのはいつのことやら、ということなので、次回こちらの店やネットで利用しようか? と言うことになるのはいつのことだろう? ということがあるが、スポーツバイク、特にロードバイクが安く買えるのはいいなあ、と思う。



で、どうして浜松にこの店ができていたことに気づかなかったのかと言うと、この店のあたりに来ないもんな、ということが理由だろう。



駅から歩いていける距離のところにあったが、そのあたりに全く用がなさそうなところにあるのである。



それでも今回、リアル店舗に足を運ぶことができて、ここにあるのかあ? とわかったので気がすんだ感じである。
















駐車場もある。
高架下という立地を生かした店なのだ。
















ここです !
グーグルマップからのスクリーンショット。

























2024年6月7日金曜日

[奈良美智] ロックなグッズで美術品

 






この2つで、送料も含めると1000円を軽く越してしまう。
美術品なのだ。

















缶バッジを買いました

N's Yard でお買い物














今年も奈良美智さんのN's Yard で買い物をした。



前回、去年だったかは、そこでステッカーを買った。



奈良さんの展示を数年前に見に行った。



そこでの感動は、ゲージツを目の当たりにして得られたのとは違うものだった。



ロックそのものではないが、ロックを通して感じる、その周辺から得られるような感動がそこにあって、涙が出た。



奈良さんはゲージツ家なので、そんな感動を感じられては困るかもしれないが、そうだったので仕方ない。



奈良産の作品は 日本のロックバンド roosters や マシュー・スイートのアルバムなんかにも使われている。



ロックと近い感じが、その作品から感じられる。




いいなあ奈良さん。




ということでそれなりに作品をネットなど見ることがあるが、それは、最近公にされている音楽業界の黒い部分や、結局音楽金儲けだし、みたいな情報と相まって、ゲージツも金儲けだし、じゃあ、そこに金を出していいものとそうでないもののこととか、いろいろなことが近年私の頭の中で渦巻いている。



奈良さんがデザインした、日テレの『愛は地球を救う』でデザインしたトートバッグをヤフオクで落札して持っている。



反面にはジャニーズのタレントがデザインした絵柄がプリントされている。



金儲けだよなあ、って思う。



いいものなのかクソなのか。



心のなかに風が吹く。



いいものを作って、有名になって、過金儲けする、それが悪いのか? って言われそうだが、私の気分としたら、なんだよ、それ、って言うことになる。




まあ、まあ、まあ、まあ。








奈良さんのグッズは N's Yard ってweb site で購入できます。



高いよ(笑)。

























2024年6月5日水曜日

ナフコで買い物

 






火に強いらしいので、キャンプの焚き火用ベストって物でしょう。
小物を持ち運んだりできる便利なエプロンって感じ。
定価だったら、そんなにもキャンプしないし、焚き火もしないので、
まず買わないベスト。


















値引きされていると手が伸びてしまう

ある日ナフコで買ってきたもの















その日は母の介護を兄に頼めたので、小雨という天気予報だったが、気晴らしにもなるので自転車で出かけて、まずはナフコで買い物しよう、と行ってみた。












ナフコに何を買いに行くかというと、除草剤である。



裏庭に侵入してくる竹をなんとかしないといけないし、雑草も困ったものだというくらい生えてくる。



ナフコに除草剤は色々売っているが、薬でいうとジェネリック薬品みたいに、その除草剤の特許が切れたものを本家の製品より安く売っている物があるのである。



他に、私の調べでは、カインズホームセンターでもそんな除草剤を販売していて、ナフコより安いみたいだが、家からカインズまでちょっと距離があるので、ナフコのを買うことにしている。



ビッグモーターの勝手に除草剤を巻いて木々を枯らしていた、という事件が話題になっていたが、見たところ、こういう安価な除草剤でなく、多分、ドラッグストアやホームセンターに入っていって、目についた売れ線の除草剤を買ってきて巻いた、という感じだった。



安いのがあることを知らなかったんじゃないかと報道を見て思っていた。



パッケージも地味なので目に止まりにくいし、安いと効果がなさそうに思えるかもしれないが、ナフコの除草剤は効く。



それでも雑草に関して言うと、巻いて、一段落したと思っても、また生えてくるので、またしてもナフコに買いに行くことになったりする。













お得な除草剤の1Lで更にお得なタイプ。














ナフコに行ったら、見切り品が乗っているワゴンがあるので、そこは必ず目を通す。




数週間前に来たときにも売っていたアウトドアのベストが更に安い値段になっていたので買うことにした。




これは、キャンプに行って焚き火するときなどに使う物みたいだが、その裏庭の片付けをするときにも、大きいポケットや工具なんか引っ掛けられるベルトが付いていて使おうかなあ、と思って買うことにした。














買った後で、これを何に使うんだろう? と自問している。
小さいのである。
シェラカップなら、100円ショップので良かったと思う。















そして、ミニステンレス・シェラカップというのも安くなっていたので買った。



これは明らかにただ安くなっているので買ってしまった、というものになる。



スーパーに買い物に行ってもそうなのだが、私の場合、安くなっていると買ってしまう、という場合が多々ある。



遅い時間に行くと、これ買おうかなあ? と思って見ていると、横からスッと手が伸びてかっさらわれたりすることもあるので、安くなったものはなおさら買っておかないとという気持ちになる。


また、食べ物の場合、ここで自分が買わないとあの食品は廃棄サれるんだろうなあ、なんてことを思うと『モッタイナイ』という気持ちにもなって必要ないのに買ってしまう場合もある。



なので、ナフコのワゴンでもそれらと似たような気持ちになって買ってしまうのである。



でもまあ、いらんかったよね、とも後で思う。



思うが、新しいものを買ってくると気分が変わったりもするので、消費社会だからなあ、なんてことを思ってヨシになってしまうのだった。















ミリタリーなモールシステム付きのバッグは
色々とこういうものを使って付けられるのである。
また、バッグの中にこういう物を付けられる金具がついていれば、
財布なんかをコードを付けて、このカラビナで止めておくということもできる。
あれば便利、と思って買った。


















この日は他にダイソーにも寄って、キーリング付きカラビナと耐水サンドペーパーを買った。


対水サンドペーパーは、ギターのフレット磨きなどに使う。


このカラビナは、モールシステムというミリタリーなバッグに小物を引っ掛けたりするのに使う予定なのだ。












ということで、こんな買い物をしてきました、という内容になったのですが、これがどなたかの参考になれば幸いです。



ホームセンターでもイオンなどと同じくその店のプライベートブランド品を販売しているところがあって、その店のネットでも買うことができるみたいですが、そういう物はアマゾンなどで販売されてないし、その物がセールで安く売られていることもあるので、店に足を運ぶことになるなあ、という印象です。



個人商店でも、その店オリジナルな物で需要あるものを販売していけば強いかも、って気がするんですけどどうでしょうか?

























2024年6月3日月曜日

[duolingo] 英会話アプリ duolingo を続けている

 






最近作った自分のアバター。


















英語は難しくないって思えるようになった

英会話アプリ duolingo を続けている
















アプリ内で使えるものを使って自分のアバターなんて作りたくなかったのだが、その画面が出て、ちょっといじった後、もう自分が持っている画像を自分のアバターとして使えなくなってしまったので、アバターを作ることにした。


というように、ちょっとアプリ側の強引な面を感じることもあるが、もはや習慣として、いやだなあ、やりたくないなあ、という日はあるんだけれど、毎日メールが来るし、ランキンが落ちるのも嫌だし、ということで、 duolingo を続けている。


やはり毎日英語、英文と接すること、そして、英語を口にすることで、英語が身についてくる。


パソコンにマイクがいつも付いていないので、喋ることを毎日していないのだが、スマホでレッスンを受けるときは喋る。


うまく発音できないと認められないのだが、毎日喋っていると、喋れるようになるもんだ、なんて感触がある。


この感触は、中学・高校・大学と英語の授業があって身につかないものだから、英語は難しいもの、なんて思いになるのだが、言葉だし、発音が正確じゃなくても、そんなに凝った発音ができなくても、伝わるもんだ、という感触である。


中学・高校、と無理やり難しいものと言うことになるのが英語で、伝えるもの、ということがまず根底にあるのが言語だから、喋ったりしてればできるようになっちゃうものだと思う。


英語の歌、洋楽なんか聞いていても、ユーチューブで言語英語の動画を見ていても、なかなかわかるようになってきた。




英語に限らず言語は、アウトプットの機会が多ければ身についてくるものだと思う。




むつかしいものだと思わせられるのが日本の英語教育だろう。



今スマホを持っていれば翻訳機能やGoogleレンズなんてのもあるし、英語と言わず、海外の言語をマスターしていなくても、そんなに困らない。



カイロ大学を出ていなくったって、アラビア語もスマホでわかるっんじゃないかとも思う。

まあ、その件は、学歴に関したことなので意味合いは異なるが。



が、英語くらい少しはコミュニケーションツールとして使えたほうがいいんじゃないか? という気はする。





今小学校でも英語の授業があるんじゃないだろうか?




英語をアウトプットさせる時間が多ければ、身につくと思う。




学校の先生からして英語が話せないなんてことだし、わざわざ難しいものだと思わせるような授業じゃなければ英語なんて簡単な気がしている。



duolingo は私の場合、なかなか役に立っている。


課金せずに、無料で使い続けている。